e-モビリティ用HiSpin® シール

e-モビリティ用HiSpin® シール

Boost your ride with next-generation e-axle sealing now

電気自動車の普及が急速に始まり、2030年までに全自動車の最大40%が電気自動車になるといわれています。これには1回の充電による走行距離が拡大できる技術を確立する必要があります。この中の1つのフォーカス分野としてe-アクスル技術の効率向上があります。次世代e-アクスルの効率向上のため、トレルボルグ シーリング ソリューションズの技術スタッフは新たにHiSpin®シールを開発いたしました。

e-アクスル向けのシール技術

電気自動車の主要技術であるe-アクスルは、電動モータとギアボックスを1つに組み合わせたユニットとなっており、シールに関し様々な要望が挙がっています:

  • E-アクスル内での相対する使用環境:電動モータとギアボックスを1つのハウジング内で組み合わせるために、信頼性の高いシール技術が求められます。これは、動作中に電動モータではドライ環境が求められる一方、ギアボックスでは十分な潤滑状態が必要となるからです。
  • 大変高い回転速度:現在、電動トランスミッションでは15,000 ~ 16,000 RPM(ガソリン車比で4 ~ 8倍の速度)で動作していますが、将来的にはこの2倍の速度になると言われています。
  • 制限された潤滑状態:極少量の潤滑または全く潤滑が効かない使用環境下で、シールは潜在的に摩耗や早期寿命の原因となる高い摩擦力やスティックスリップに晒されることになり、最終的には走行距離が短くなります。
  • シール材料の耐薬品性:電動ドライブシステムでは様々な潤滑方法が使用されています。これはシール材料には使用される流体に対する耐性だけでなく効果的に動作することが求められます。

e-モビリティ向けに開発された新型回転シール

トレルボルグ シーリング ソリューションズの製品開発員は、電気自動車メーカ様の要望にお応えするため、新たに2つの高速回転シール:HiSpin® PDR RTHiSpin® HS40を開発いたしました。これらの新型シールは、高速回転を伴う大変過酷な使用環境下で使用するシールに起因する様々な課題を克服する大きな一歩となります。これら次世代のシール技術により、1回の充電でガソリン車と同じ走行距離を実現するという電気自動車の最終目標を実現いたします。

 

The HiSpin® 製品群

HiSpin® HS40

HiSpin® HS40

HiSpin® HS40は、e-モビリティ用途の温度要求にお応えするエラストマー製高速回転シールです。低トルクで長寿命を実現するシールとなっています。

HiSpin® PDR RT

HiSpin® PDR RT

HiSpin® PDR RTは、超高速回転用PTFEシールです。e-モビリティ用途において高いシール効率を実現するため、極限条件で試験されたシールとなっています。

E-モビリティ用HiSpin® の動画 - 画像をクリックして動画をご覧ください 

この動画では、HiSpin® PDR RT とHiSpin® HS40 シールが紹介されています。これらの新型シールは、高速回転を伴う大変過酷な使用環境下で使用するシールに起因する様々な課題を克服する大きな一歩となります。